女性画像

肝斑(かんぱん)治療を渋谷でするならフェミークリニック渋谷院で

肝斑(かんぱん)でお悩みの方は是非フェミークリニック渋谷院で治療をどうぞ。

シミには、肝斑の他に老人性色素斑やADM、そばかす、炎症後色素沈着、脂漏性角化症といった種類があります。
肝斑は、頬より高い位置に左右対称にできるシミです。黄褐色のような色が特徴です。老人性色素斑は一般的にシミと言われるもので、老化によってでてくるシミです。
ADMは、肝斑やそばかすなどに間違われやすいシミで、後天性真皮メラノサイトーシスとも呼ばれているあざの一種です。
そばかすは若い世代に多いシミで、年齢とともに消えていくことがほとんどです。
炎症後色素沈着は、ニキビ跡や虫さされなどの炎症が起きた後に色素沈着してしまいシミとなってしまうものです。
脂漏性角化症は、イボのような膨らみのあるシミです。

このように、シミには様々な種類がありその医療法もそれぞれ異なります。
医師の診断を必要とするシミもありますので、自分で判断しシミ治療を行うことは避けた方がよいでしょう。

特にかんぱんは他のシミと判断がつきにくいシミでもあります。
フェミークリニック渋谷院では、まずかんぱんであるかどうかの診察を行い、治療法を決定していきます。カウンセリングも十分に行い、かんぱんに対する疑問や治療に対する不安も取り除けるようなサポートを行っています。
また、かんぱんの治療だけではなく、治療後のアフターケアもしっかり行っているので、初めてかんぱんの治療を受ける方でも安心してフェミークリニック渋谷院の施術を受けることができます。

肝斑治療ならフェミークリニックがおすすすめです。